事業紹介 ー 遊び・暮らし、学ぶ、佐渡へっついの家の体験事業

●「へっついの家」とは?
新潟県佐渡島にある築100年の古民家です。2011年の福島原発事故がきっかけで、福島の子どもたちの健康づくり、保養、自然・暮らし体験の場所として活動が始まりました。

●どんな活動をやっているの?
みんなで共同生活をしながら海や山で遊びます。また、畑仕事やまき割り、風呂たきなどの手伝いもあります。他に音楽や工作、健康作り体験などもあります。
一日の暮らしは、朝、起きたらふとんあげと掃除、ご飯を食べたら朝のミーティング。午前中は海や山に行き、お昼ごはんを食べたら午後は自由です。夕方からはお風呂を湧かして入り、晩ご飯を食べたらお茶わんを洗い、夜のミーティングをします。皆でその日のことを話し、最後は歌を歌って眠る、という流れが基本です。

●ところで、「保養」ってなに?
2011に福島原発事故が起き、広く放射性物質が飛び散り多くの人が被ばくました。そのために健康を守るために、1)線量の低い所で体を休ませる、2)体に入った放射能を排泄する、3)福島など放射線量の高い所でやりにくくなった野外活動などを行うというものです。佐渡でのんびりする、汗をたくさんかく、泥遊びや木や花に触れたりすることで元気になっていく活動です。

●どうやったら利用できるの?
夏休みなどを使ったキャンプを年、60日ほど開催し参加者を募集していますが、通年でどなたでも利用できます。親子での利用、合宿や研修などで使うこともできます。

●スタッフはどんな人がやっているのですか?
国内外の登山や自然体験のベテランや有機農業の経験者、また、福祉や子育て支援、自然医学の関係者が企画、運営を担っています。

●2022年の事業計画を教えて下さい
・「春の暮らし・自然体験キャンプ」 (3月26日~4月2日) 定員15名
・「家族保養キャンプ」 (4月30日~5月8日)
・「夏の暮らし・自然体験キャンプ」 (7月30日~8月21日)
・「冬の暮らし・自然体験キャンプ」 (12月26日~1月3日)