手当法①

「いますぐ、放射性物質を体内から出しましょう!」

◆からだに合った薬草が排泄作用を促進させます

からだが本来持っている排泄の力を高め、少しでも早く体内から出すように心がけます。
利尿作用のある野草、例えば、スギナとケツメイシを1:1の割合で煎じて飲む方法などがあります。
他にドクダミ、ヨモギ、ビワなどから、自分のからだに合った薬草を右図のようなLET(ライフエネルギーテスト:筋肉反射)で選択します。

セシウムは体内に取り込んでから約100日以内におよそ半分は尿として排泄されます。
そのためには、尿を作る「腎臓」の働きを促進させることも大切です。

LETでは、免疫力低下による感染症やアレルギーが増えています。